月額費用は事務所を借りるより格安

大阪で個人事業主として起業をする、SOHOとして独立すると言った場合において、最初の問題となるのが事務所だと考えられる方も多いのではないでしょうか。業務は自宅で十分こなせるものだとしても、新たに業務用の電話回線を用意する、応接室などが必要となると言った場合において、自宅を利用するというのは難しいケースも多いものです。さらに大阪は事業の激戦区でもあり、そこに身を置くには相応の環境が必要となる場合も多くあります。 大阪には駅前の一等地などに数多くの「バーチャルオフィス」と呼ばれる、住所や電話番号などを貸し出してもらえるサービスがあります。バーチャルオフィスを利用することによって、自宅で業務をしながら、名刺などにはレンタルした住所を記載することができます。さらに事前予約にはなりますが、打ち合わせの際にも貸し事務所として利用でき、月額費用は新たに事務所を構えることに比べると考えられないほど格安になるのです。